スポンサーリンク

How To

刺繍に必要な道具や、図案の使い方、布への写し方をご紹介します。

刺繍に必要な道具

刺繍に必要な道具は以下の通りです。

・刺繍針
・刺繍糸
・刺繍枠
・刺繍する布
・図案写しの道具

一つ一つ詳しく見ていきましょう。

刺繍針

フランス刺繍針

このサイトでは、”フランス刺繍”の図案を紹介しております。
針はフランス刺繍針(先がとがっているもの)をご用意ください。

クロスステッチ針(先が丸くなっているもの)では、フランス刺繍はできませんのでご注意ください。

刺繍針の号数

刺繍針の号数は、糸を何本取りするかによって変わります。

メーカーによって号数の表記は異なりますが、よく使うのは2本取り用の針です。

一つの図案でも、ステッチに使用する糸の本数は様々ですので、様々な号数の針がセットになっているものをお選びいただくと、使い勝手が良いと思います。

刺繍糸

刺繍糸の番手

刺繍糸の番手は、25番刺繍糸をお選びください。

25番刺繍糸は6本の糸がゆるくより合わさって一つにまとまっている糸で、ステッチによって2本や3本などを取り合わせて使用します。

その他の番手ですと、8番刺繍糸があります。
8番刺繍糸は2本の糸が細かくより合わさっているもので、そのまま使用します。

ハンガリー刺繍などには8番が適していますが、通常フランス刺繍で使うのは25番刺繍糸になります。

 

刺繍糸のメーカー

刺繍糸は様々なメーカーから出されています。

有名どころでは、DMCCOSMO(コスモ)OLYMPUS(オリムパス)など。

メーカーによって、発色の良さや手触り、太さなど若干の違いがあります。時間が許せば手芸店で実際に手に取って見られるのが良いと思いますが、これらのメーカーでしたら間違いないです。
その中でも一番のおすすめをあげるとすればDMCです

DMCはとても発色がきれいで、はっきりとした色合いが多いです。

 

100円ショップの刺繍糸は、あまりおすすめできません。やはりメーカー物に比べて品質が劣ります。

 

カラーの選び方

刺繍糸のカラーは実に豊富です。
一口に赤色といっても、何種類もの赤があります。ラメの入ったものや、グラデーションになっている刺繍糸もあります。

このサイトでは、一部の図案には使用した刺繍糸の色番号を載せておりますが、自分なりの刺繍を楽しんでほしいという思いから、細かい色の指定はしておりません。

手芸店で実物を手に取って選ぶのもよいですが、色見本帳が一冊あればとても便利です。

DMC

COSMO

オリムパス

など、有名メーカーのものは見本帳がありますので、気に入ったメーカーのものを一つ持っておくと色選びに迷いがなくなります。

 

これから刺繍を始める方、色々なカラーを使ってみたいという方には、刺繍糸を100色セットなどで販売している商品もありますので、お試しいただくのもいいと思います。
(ただし、有名メーカーのものではありません。)

刺繍枠

”刺繍枠は必ず必要ですか?”

そう問われると、なくてもできないことはありません、という回答になります。

しかしながら、美しく刺繍をしたいのでしたら、やはりなくてはならないものです。

ワンポイント刺繍をするのであれば、大きすぎる枠ではやりづらいので、10cm枠などが使いやすいと思います。

刺繍する布

基本的にはどんな生地でも構いませんが、刺繍しやすい生地はあります。

フランス刺繍には、綿や麻が適しています
目の詰まったもので、薄すぎず、厚すぎないものがよいです。

刺繍用の生地というものがありますので、一度専用の生地を試してみて刺繍しやすい質感などをみてみるのもおすすめです。

図案写しの道具

一般的な図案写しの道具

・チャコペン
・チャコペーパー
・トレーサー
・セロファン
・トレーシングペーパー
・マスキングテープ

これらが一般的な図案写しに使用する道具です。

 

チャコペンは水で消えるタイプが便利です。薄くなった線をなぞったり、直接布に図案を書くときにも使用します。

チャコペーパーは刺繍用のもので、青や赤が図案がはっきりと見えて使いやすいです。濃い色の布地に刺繍する場合は、黄色を選ぶと見やすいです。

トレーサーは別名、骨筆とも言います。刺繍専用のものがやはり使いやすいですが、実はインクの出なくなったボールペン等でも代用可能ですよ。

セロファンは、図案を写す際に、図案用紙を破らないために使用します。

紙を直接トレーサーで強くなぞると、穴が開いたり破れたりすることがあります。セロファンを上に敷くと、紙が破れません。繰り返し図案用紙を使用したいときには便利です。

100円ショップの文房具コーナーでも手に入りますが、お菓子の包装フィルム等でも十分代用可能です。

 

トレーシングペーパーは半透明の薄い紙のことで、ハトロン紙とも言います。繰り返し図案用紙を使用したいときに必要です。

図案を印刷したコピー用紙からでも図案写しはできますが、トレーシングペーパーの方が薄いので、写すときの力の込め具合が変わってきます。(コピー用紙からよりも楽に写せます。)

本から図案を写し取るのにも使用します。こちらも100円ショップで購入可能です。

 

紹介した刺繍専用の図案写し道具は、やはり専用なだけあり使い勝手がよいです。その分、お値段も張ります。

これから刺繍を長く続けるのでしたら専用のものをおすすめしますが、お試しに始めようという方には100円ショップも活用いただくと初期費用が抑えられますよ。

 

簡単に図案写しができる道具

とても簡単に図案写しができてしまうアイテムがありますのでご紹介します。

その名も、スマ・プリです。

スマプリは、水に解ける図案転写シールです。

図案を写して布に貼り付け、シールの上から直接刺繍します。刺繍が終わった後に水でシールを洗い流せばOK。とても簡単です。

手書きだけでなく、インクジェットプリンターにも対応しているので便利です。

 

 

図案の使い方

図案の準備

気に入った図案をパソコンにダウンロード・保存します。

希望の大きさに印刷するヒント

”3cmの大きさで刺繍したいけど、どうやって大きさの調整をしたらいいのかな?”

そういったときには、MicrosoftのWord(ワード)ソフトを使うと簡単です。

 

Wordソフトを立ち上げ、挿入タブの図メニューから図案を取り込みます。

取り込んだ図を選択し、書式タブのサイズメニューで希望の大きさ(mm)に調整します。

調整後印刷すれば、ほぼ指定したサイズで印刷することができます。

試してみてくださいね。

 

布への写し方

一般的な写し方

1.図案と一般的な図案写しの道具を用意します。

使用した図案はこちらです♪

 

2.トレーシングペーパー(ハトロン紙)に図案を写します。

印刷したコピー用紙のままでもいいのですが、トレーシングペーパーの方が薄いので、写すときに必要な力が軽くて済みます♪

 

3.下の写真のように重ねて、動かないようにマスキングテープで貼り止めます。

(下から)布表→コピーペーパー→図案です。
コピーペーパーは写る面が布に接するようにしてください。

 

4.セロファンを重ねてトレーサーで写していきます。

結構、ゴリゴリに力を込めていかないと、うまく写りません(^_^;)
力を入れると、紙は破れやすいです。セロファンを重ねていると、破れません。
ちなみに使用したセロファンは何かの包装フィルムでした。

ゴリゴリすると、テーブルまで響いて傷がつくことがあります。写真のようにカッティングマットなどの上で写すとやりやすいです。

 

5.写し終わりの様子です。薄い・・・

 

6.チャコペンで薄い線をなぞっておきます。完成~♪

 

便利な写し方(スマプリ)

・coming soon

 

気に入ったらシェアしてくださいね^^
Twitterで図案アップをお知らせします(^^)
AttAi – 完全無料の刺繍図案サイト
タイトルとURLをコピーしました